コンテンツへスキップ

会社の資金繰りに困り仕方なくローンを組みました

会社の規模を大きくするにあたり人員を増やすことにしました。
最近は若い子が仕事を選びたい放題と売り手市場で安い給料ではなかなか決まらない現状があり給与をそれなりに用意することで確保しよう考えました。

もちろん能力により上下はするつもりの中1年分ほど余裕を持って資金を借りました。
もちろん家族には秘密であり一年もあれば当然見通しが立つ予定だったので秘密にしておいても大丈夫とたかをくくっていました。

しかし蓋を開けてみるとなかなかお客様がつかず給料分の働きもできないまま3年が経ち、当初の予定が全く違う状況に陥ってさらに資金を借り入れするはめになりました。
結果身を削りながらやってきた状態も限界にきて借金も膨らみいよいよ手が回らない状態になり今は借金返済の為に人員削減、本業のほかにアルバイトをし必死に返済しています。
ギャンブルや遊びで作った借金ではないもののやはりローンをするということの便利さの裏に恐ろしいことということもしっかりと理解しておかなければいけないと反省しました。