コンテンツへスキップ

念願のマイホームを金利の低いうちに35年ローンで

2017年に念願のマイホームを購入しました。子供も生まれて賃貸住宅では手狭になりどこか広いところに引っ越そうかとも考えました。
でも一軒家の賃貸はかなり家賃が高額だし、夫も40代ということもあり35年ローンを組むにはギリギリの年齢でした。

高い家賃を支払うくらいなら毎月ローンを返した方がよいのではないかと思いマイホーム購入を決めました。
また2017年は金利が低いこともあり買うなら今のうちかなというのもありました。
35年ローンを組むに当たって大事なポイントが3つありました。銀行選びとローンのプランと返済額の内訳です。

銀行を選ぶ際はATMが近くにあるかや金利が低いかなどを基準に選びました。
地方なので都市銀行あまり支店のやATMのない銀行を選ぶと何かと不便だと考えたからです。
金利の比較はハウスメーカーの営業担当者が一覧をくれたのでそれを参考にしました。

次にローンのプラン選びです。銀行によって様々なプランがありまして選ぶのに苦労しました。その年の金利が低いので10年固定のプランを選びました。
最近はだんだんと金利も上がっているのでよかったのですが、固定でなくなったときの金利が心配ではあります。

最後に返済額の内訳です。毎月いくら返すのか?ボーナス払いを選ぶのかどうかです。
毎月無理のある返済だと生活できないので収入と毎月の生活費を元に決めました。

うちの場合ボーナス払いをしないと毎月の返済額がとんでもないことになるのでボーナスからもローンが引かれます。
ボーナスが引かれるのは少し残念な気持ちにはなります。
このような感じで35年ローンを組んでいます。そして毎月返済のためにせっせと働いています。