コンテンツへスキップ

気軽に始めてしまったキャッシング

キャッシングを初めて利用したのは大学生の時です。
バイトで貯めたお金を使いきってしまい、持っていたクレジットカードのキャッシング枠を五万円利用してしまいました。

始めはすぐに返すつもりでいましたが、結果として自転車操業になってしまい、五十万円まで広がってしまいました。
就職をした時に、当時利用していた銀行のATMで給料を下ろしたときに、カードローンの表示が出てきました。
操作していくと、百万円まで借りられるということがわかり、金利も安いので銀行の方から借りてクレジットのキャッシングをかえそうと考えました。

ですが、自分のお金のような錯覚に陥ってしまい、結局返すこともせずに、遊んだりギャンブルに使ったりして、総額二百万円まで広がってしまいました。
そして、親に借金をしているのがばれてしまい、肩代わりをしてもらいました。その後一年半かけて親に返済をしました。

もう二度とお金は借りないと決めていましたが、一度借りることを覚えると、なかなかやめられずにまた借りてしまいました。
今は任意整理をしてこつこつと返済しております。もう借りないというか借りられない身分になってしまったので、今後は地道にお金を貯めるようにしていくつもりです。